【RUI-TAKA】サッカーゴール、フットサルゴール、スコアボードなどスポーツ用品をお探しの方はルイ高にお任せ下さい。【RUI-TAKA】サッカーゴール、フットサルゴール、スコアボードなどスポーツ用品をお探しの方はルイ高にお任せ下さい。【RUI-TAKA】サッカーゴール、フットサルゴール、スコアボードなどスポーツ用品をお探しの方はルイ高にお任せ下さい。【RUI-TAKA】サッカーゴール、フットサルゴール、スコアボードなどスポーツ用品をお探しの方はルイ高にお任せ下さい。【RUI-TAKA】サッカーゴール、フットサルゴール、スコアボードなどスポーツ用品をお探しの方はルイ高にお任せ下さい。
【RUI-TAKA】サッカーゴール、フットサルゴール、スコアボードなどスポーツ用品をお探しの方はルイ高にお任せ下さい。

【RUI-TAKA】サッカーゴール、フットサルゴール、スコアボードなどスポーツ用品をお探しの方はルイ高にお任せ下さい。 Jリーグの歴史とともに歩む「Jボックス」

~RUITAKA製(サッカー用プレイヤーズシート)「Jボックス」のご紹介~


Jリーグは、2017年シーズンで25周年を迎えました。
当社の製品にも、1993年のJリーグ開幕とともに誕生し、今年25周年を迎える製品があります。
サッカー用プレイヤーズシート「Jボックス」です。

お陰さまで「Jボックス」は、Jリーグ会場を初めとする全国のサッカー場でご利用いただいていますが、Jリーグの歴史とともに、そのデザインや機能も変化し、何度かのモデルチェンジを経て現在の仕様に至っています。 今回は「Jボックス」の生い立ちと、最近のトレンドについてご紹介します。

「Jボックス」の歴史

当社の「Jボックス」の歴史を、写真とともにご紹介します。

1993年Jリーグ発足とともに、サッカー用プレイヤーズシートの発売を開始しました。
1995年移動しやすいように、キャスター付きのタイプに仕様を変更しました。
1997年専用の押し型によるアルミ成型材を用いた製品を開発し、「Jボックス」と命名しました。
2000年フレーム構造を改良して強度を向上させました。
2002年日韓ワールドカップ開催を機会に、この頃からサッカー用選手席はスタジアムの必需品として認知されるようになり、多くのサッカー場で使用されるようになりました。
2007年国内初となるハイバックシートタイプのJボックスを日本サッカー協会に納入しました。
2012年発売開始から15年目を迎えた「Jボックス」は、更なる進化を遂げるべく、時代に相応しいデザインにフルモデルチェンジしました。
Jボックス Jボックス Jボックス
1993年 1995年 1997年
Jボックス Jボックス Jボックス
2000年 2007年(JFAモデル) 2008年(埼玉スタジアム)

2012年発売の新型「Jボックス」のデザインコンセプト

Jボックス Jボックス

コンセプトはSwoosh (スウッシュ)
Swoosh ←絵で表すとこんな感じ

「Swoosh」の意味(出典:goo辞書)
〈木の葉・絹服などが〉サラサラ[バサバサ,シュッシュッ]と鳴る
〈ジェット機・自動車などが〉ビューンという音をたてる
サラサラ[バサバサ,シュッシュッ,ビューン]という音をたてて動く

開発コンセプトとなった「Swoosh」とは、シュッと音を立てて流れるような言葉のイメージです。
競技の躍動感を、よりスポーティーなデザインで表現したいという思いを込めたコンセプトです。

現在の「Jボックス」は、前面のフレームを曲線にすることで、開放的な視野を確保しています。
また流れるような曲線のフォルムは、競技のスピード感や躍動感を表現しています。
アルミの質感を活かしたメタリックな色調は、精悍で都会的な雰囲気を演出し、スタジアムの造形にも調和します。
デザイン面ばかりでなく、スタジアムで求められる機能性や強度など、およそ20年間で蓄積したノウハウを反映させた構造に仕上がっています。

■ 時代が求めるホスピタリティの充実 ~ハイバックシートの潮流~

Jボックス ハイバックシート

「Jボックス」の最近のトレンドとなっているのが、自動車のシート等を用いた「ハイバックシート」です。
背もたれの高い、クッションの効いたシートにゆったりと座ることができるため、選手の疲労軽減と、快適なプレー環境の実現にお役立ていただけます。 近年、ヨーロッパの主要スアジアムでは、この「ハイバックシート」が当然のように使われていますが、ここ数年日本でも導入する施設が増えています。

Jボックス Jボックス Jボックス
Jボックス Jボックス Jボックス

当社ではオリジナルの「ハイバックシート」をご用意しています。
長時間使用した際の、疲労軽減と座り心地の良さを追求して、適度な体圧分布を実現しています。強度や安全性では、自動車規格で設定のある条件をすべてクリアしています。(難燃性:MVSS302項含む) またシートの色をお選びいただくことができますので、ホームスタジアムをクラブカラーで演出する効果も絶大です。
プレイヤーの快適さを追求した「ハイバックシート」が、日本国内のスタジアムでも数多く採用されることを期待しています。
体圧分布測定器を用いた測定
体圧分布測定器を用いた測定を行ない、座り心地を向上させています。


ワンランク上の品格とスタジアムのホスピタリティを実現するために、是非、「Jボックス」及び「ハイバックシート」をご検討ください。

宜しくお願いいたします。

Jボックスの主な納入実績

●ひとめぼれスタジアム宮城 ●ユアテックスタジアム仙台 ●栃木県グリーンスタジアム ●ケーズデンキスタジアム水戸 ●埼玉スタジアム2002 ●NACK5スタジアム大宮 ●さいたま市浦和駒場スタジアム ●熊谷スポーツ文化公園 ●フクダ電子アリーナ ●味の素スタジアム ●日産スタジアム ●等々力陸上競技場 ●山梨中銀スタジアム ●長野県松本平広域公園総合球技場 ●エコパスタジアム ●IAIスタジアム日本平 ●ヤマハスタジアム(磐田) ●ヤンマースタジアム長居 ●ノエビアスタジアム神戸 ●エディオンスタジアム広島 ●ミクニワールドスタジアム北九州 ●トランスコスモススタジアム長崎 など



【ルイ高情報ページ】|Jリーグの歴史とともに歩む「Jボックス」

【RUI-TAKA】サッカーゴール、フットサルゴール、スコアボードなどスポーツ用品をお探しの方はルイ高にお任せ下さい。
【RUI-TAKA】サッカーゴール、フットサルゴール、スコアボードなどスポーツ用品をお探しの方はルイ高にお任せ下さい。
株式会社ルイ高
屋外スポーツ公園施設器材のことならルイ高へ。
ルイ高は、サッカーゴール、フットサルゴール、スコアボードなど、環境と安全に配慮した製品開発を通して、気軽に健康を育める笑顔あふれる社会の実現に貢献します。
「カタログのご請求」や「製品のお問い合わせ」は、専用フォームからどうぞ。
製品へのご要望も受け付けております。