2018-12-10

1月13日は「サッカーゴール等固定チェックの日」
~サッカーゴールの転倒事故を防ぐために~

クロスバーへのぶら下がりや、突風によるものなど、ゴールの転倒事故が繰り返されています。
いずれの場合も、ゴールがしっかりと固定されていないケースが多いようです。
ゴールは確実に固定して使いましょう。

~サッカーゴールの転倒事故を防ぐために~

株式会社ルイ高は、NPO法人Safe Kids Japanが進める、1月13日は「サッカーゴール等固定チェックの日」のプロジェクト・パートナーです。

Safe Kids Japanのホームページはこちらから↓
http://safekidsjapan.org

なぜ1月13日?

「1月13日」と定める理由は、
2017年福岡県大川市の小学校において、
2004年静岡県静岡市の中学校において、
同じ1月13日に、ゴールの転倒により児童・生徒が亡くなられていることによります。

ゴール転倒による重大事故を二度と起こさないために、1月13日から2月13日までの1ヶ月間、 全国の学校や公園、スポーツ施設等において、ゴールがきちんと固定されているか、 チェックしていただけますよう宜しくお願いいたします。


ゴール転倒事故防止に対する取り組みは、下記からご覧いただけます。

「シンポジウムーこれで防げる学校体育・スポーツ事故」
(ルイ高公式ブログ)はこちらから ↓
http://www.rui-taka.co.jp/information/8330/



「第11回キッズデザイン賞東京都知事賞を受賞!サッカーゴール転倒防止固定装置」
(ルイ高公式ブログ)はこちらから ↓
http://www.rui-taka.co.jp/information/8331/



「サッカーゴールの転倒事故を防ぐために」
(ルイ高公式ブログ)はこちらから ↓
http://www.rui-taka.co.jp/blog/8276/


一覧表示に戻る