2017-01-12

ラグビーのゴールポストは何メートルの高さが必要か?

ラグビーのゴールポストは、何メートルの高さが必要なのでしょうか?

下の図で・・・
①選手はどちらのゴールが狙いやすいでしょうか?

狙いやすいラグビーゴールの比較

②審判はどちらのゴールが判定しやすいでしょうか?

判定しやすいラグビーゴールの比較

ふたつの絵は、いずれも左が高さ7m、右が高さ17mのゴールポストの縮尺図です。

ゴールポストが高い方が、選手にとっては狙いやすく、審判にとっても判定しやすいことがお分かりいただけると思います。
ルールブックでは、ラグビーゴールポストの高さは「3.4m以上」となっています。
クロスバーの高さが3mなので、わずか40cmだけ上に出ていれば良いということですが、これではゴールの判定が難しいと思われます。
実際には、学校や一般的なグラウンドでは、高さ7mのラグビーゴールが使われています。
(注)当社製品サイズを引用

●一般的なグラウンドでは7m。

●アメフト兼用グラウンドなどでは9.2m。(アメフトゴールの高さの規格は9.14m)

●秩父宮ラグビー場のラグビーゴールの高さは12m(当社製品)です。

●主要なスタジアムでは13mのゴールポストが使われています。

●「ラグビーワールドカップ2019 公認チームキャンプ地ガイドライン」では、キャン地のゴールポスト高さは13m以上とされています。

●また世界的な大会では、高さ17mのラグビーゴールが使用されているようです。

高さ13mの起倒式ラグビーゴールのページはこちらから

高さ17mの起倒式ラグビーゴールのページはこちらから

ラグビー特設ページはこちらから

(参考)ラグビーゴールポストの高さ比較
ラグビーゴールポストの高さ比較
一覧表示に戻る