サッカーゴール埋込式 後部アームタイプ 一般用(標準仕様)

SOCCER

サッカーゴール埋込式 後部アームタイプ 一般用(標準仕様)

●アルミ合金製 ●アルマイト処理後電着塗装(一部焼付塗装) ●ポスト・クロスバーφ120mm(後部アーム φ80mm) ●ネット別 ●1/2対73kg ●組立式 ●GL下ヒンジ式 ●ネットスティック仕様

【PHOTO : 東洋大学(東京都板橋区)】
※公益財団法人日本サッカー協会『スタジアム標準』では、サブポール式が標準とされています。
※埋設管が別途必要となります。
※ネットウエイト(RT-F010990)は別売です。
※ネットはRT-N160512(別途)をご利用下さい。

  • アルミ製
  • 高さ
    調整式
  • ヒンジ式
  • 要施工

製品特長

サブポールを必要としない埋込式サッカーゴール

後方に突き出したアームでネットを保持し、サブポールを必要としません。
学校のグラウンドなどでお使いいただける埋込式サッカーゴールです。

●ヒンジ構造が安全な作業をサポート

【PHOTO : ひとめぼれスタジアム宮城】
ポストを倒した状態から脱着が可能。ヒンジ構造で抜き差しの負担が軽減されます。

【PHOTO : ひとめぼれスタジアム宮城】
ポストを途中まで抜けば、ヒンジ部を支点に一定方向に曲がります。

●高強度アルミパイプと外れにくいネットスティック

耐力205N/mm2(従来品186%)の高強度アルミ材を使用し、適所に厚みを増した内部構造で、たわみの軽減と軽量化を実現しました。

隙間なくネットが張れ、外れにくい構造のネットスティックを採用。危険な突起を無くし、衝突時の安全を高めました。

高さ調整機能はルイ高の特許技術

 

芝生の成長のために撒かれた目砂によってグラウンドレベルが上がっても、ゴールの高さが調整できるため規定の寸法を保つことができます。

※テーパーブロック付きルイ高製サッカーゴールとの組み合わせで調整が可能となります。
(−50mm〜+120mm)

アルマイト処理後の電着塗装で長期使用可能に

 

アルマイト処理を施すことで、アルミの素地に浸透する厚い皮膜を形成して錆を防ぎます。また、焼付塗装や吹付塗装よりも耐候性、耐衝撃性に優れた電着塗装を採用しています。

サッカーゴール埋込式主要納入実績

■北海道・東北エリア

・札幌厚別公園競技場
・いわぎんスタジアム
・ユアテックスタジアム仙台
・ひとめぼれスタジアム宮城
・あきぎんスタジアム
・NDソフトスタジアム山形
・とうほう・みんなのスタジアム
・ケーズデンキスタジアム水戸

■関東エリア

・旧国立競技場
・栃木グリーンスタジアム
・正田醤油スタジアム群馬
・埼玉スタジアム2002
・浦和駒場スタジアム
・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
・NACK5スタジアム大宮
・フクダ電子アリーナ
・日立柏サッカー場
・味の素スタジアム
・駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場
・味の素フィールド西が丘
・町田市立陸上競技場
・等々力陸上競技場
・日産スタジアム
・ニッパツ三ツ沢球技場
・Shonan BMWスタジアム平塚
・相模原ギオンスタジアム

■中部・北信越エリア

・山梨中銀スタジアム
・デンカビッグスワンスタジアム
・富山県総合運動公園陸上競技場
・石川県西部緑地公園陸上競技場
・長野Uスタジアム
・松本平広域公園総合球技場
・ヤマハスタジアム
・エコパスタジアム
・パロマ瑞穂スタジアム
・豊田スタジアム
・岐阜メモリアルセンター長良川競技場

■近畿・中国エリア

・市立吹田サッカースタジアム
・万博記念競技場
・キンチョウスタジアム
・ヤンマースタジアム長居
・ノエビアスタジアム神戸
・とりぎんバードスタジアム
(鳥取市営サッカー場)
・シティライトスタジアム
・維新百年記念公園陸上競技場

■四国・九州・沖縄エリア

・Pikaraスタジアム
・鳴門・大塚スポーツパーク
 ポカリスエットスタジアム
・ニンジニアスタジアム
・レベルファイブスタジアム
・ミクニワールドスタジアム北九州
・北九州市立本城陸上競技場
・ベストアメニティスタジアム
・トランスコスモススタジアム長崎
・えがお健康スタジアム
・沖縄県総合運動公園陸上競技場
その他

※公益財団法人日本サッカー協会による「サッカースタジアム標準」では、埋め込み式サッカーゴールは、「クラス3(収容人員5000〜1万5000人。JFA主催試合、JFL、Lリーグなど対象)以上のスタジアムでは原則的に必ず設置する事項」として定められています。