2017-08-18

グラウンドの多目的利用を促進させる「ターフトレイ」のご紹介

専用スタジアムが少ない日本

日本のスタジアムは、大半が多目的施設です。
陸上競技のトラックに加えて、そのインフィールドでは、サッカー、ラグビーなどの球技が兼用できるようになっています。
日本は国土が狭く、地価が高いためか、まだまだサッカーなどの球技専用スタジアムの数は限られています。

多目的スタジアムで求められること

陸上競技場のインフィールドで複数の球技を行なう場合、競技によって違う形状のゴールを入れ替えて設置しなければなりません。
多目的スタジアムでは、ゴールの設置にあたり以下のようなことが求められます。

●効率よく、違う競技のゴールに入れ替えることができる
●ゴールを撤去した跡が他の競技に支障をきたさない
●ゴールポストの根元まで芝で覆うことができる

多目的利用の課題を解決する「ターフトレイ」

グラウンドを多目的に利用する際の課題を解決してくれるのが、「ターフトレイ」です。
「ターフトレイ」とは、グラウンドの表面をカバーすることができる「ふた」のことです。
試合時用のふたと、未試合時用のふたを入れ替えて使用することで、ゴールを撤去した時にはフラットな芝生の状態にすることができ、またゴールを立てた時にはゴールの根元まで芝生で覆うことができます。
競技者の安全性を第一に考え、施設管理の効率性にも配慮した製品です。

  • 試合時用のふた


  • 未試合時用のふた

ロングパイル人工芝で求められる製品

昨今、ロングパイル人工芝が、学校のグラウンドなどでも急速に普及しています。
雨天でも使用できメンテナンスも不要なロングパイル人工芝は、グランドの利用頻度を高めることができ、多目的利用を促進させます。
パイルの中には、砂とゴムチップが充填されており、天然芝に近い感触を生み出していますが、この砂やゴムチップが埋設管の中に流入してしまうのを防ぐために、ロングパイル人工芝用の「ターフトレイ」には、囲い枠を付けています。
また、ロングパイル人工芝の下地はアスファルト舗装のため、杭を打つことができません。サッカーゴールを固定したり、コーナーフラッグを設置したりする際には、杭を打つ替わりとなる専用金具を開発してラインナップしています。

  • ターフトレイ(ロングパイル人工芝用)RT-F011924

  • コーナーフラッグ用金具(ロングパイル用)RT-F013943

「ターフトレイ」の応用製品

「ターフトレイ」はゴールだけでなく、その他の場所にも応用してお使いいただけます。
ゴール以外の製品でお使いいただいたケースをご紹介します。
参考にしてください。


  • フェンス柱用ターフトレイ

  • 礎石・角石用ターフトレイ


当社では、グラウンドの多目的化を促進するために、様々な製品開発に取り組んでおります。
ご紹介した以外の製品も検討いたしますので、お気軽にお問い合わせください。
宜しくお願いいたします。

一覧表示に戻る