2011-07-13

ピッチを支える独自の技術
(こだわりのサッカー施設アイテム)

ルイ高情報ページの第2回は、Jリーグはもちろんワールドカップやオリンピック人気を見ても分かるとおり日本において、もはや国技と言えるほどの地位を築いた"サッカー"の試合アイテムです。エキサイティングで正確なゲームを演出する、高品質でこだわりのサッカーアイテムご紹介致します。


1、新製品 デジタルスコアボード
(45分計付き)

RUI‐TAKAのこだわり:「ピッチレベルの意見を具現化」

  • 視認性に優れた蛍光色黄色でデジタル表示のスコアボードが45分タイマー付で新たに登場しました。プレーヤーや大会運営者から『45分計アナログタイマーをスコアボードの隣にセットしてほしい』というご要望を多数いただいたことが開発のきっかけです。プレーヤー・審判員・観客、全ての方が、得点・時間を一度にまとめて確認することができます。得点表示の切替えはセグメントをひっくり返すだけのワンタッチ操作、数字板の管理が不要でとても便利です。詳しい製品情報は添付のデータをご覧ください。

    製品情報はこちら(PDFファイル)
  • デジタルスコアボード

2、ポトハンターEX

RUI‐TAKAのこだわり:「移動式でも専用スタジアムの・・・・」

  • 移動式のゴールなのに、埋込式ゴール(大きいスタジアムで使用されているゴール)と同じ使用感が味わえます。後部のフレームが無い構造のためボールの跳ね返りが無く、誤審を防ぐという効果がありますし、ボールへの乗り上げによる転倒や怪我を防ぎ安全に使っていただけます。また隙間なくネットを張ることができるネットスティックを採用しており、ネットが非常に外れにくい構造となっております。フレームは軽量かつ高強度なオリジナル特殊構造のサッカーゴールです。詳しい製品情報は添付のデータをご覧ください。

    製品情報はこちら(PDFファイル)
  • ポトハンターEX

3、ユーロライン

RUI‐TAKAのこだわり「圧倒的なランニングコストの実現」

  • 管理者様のお悩みどころ。ランニングコストを大幅改善いたします。ルイ高の天然芝用ライン塗料『ユーロライン』は、溶液10ℓ(+水50ℓで60ℓのライン液が作れます。定価15,000円/本で、1ℓあたりのコストが250円。30ℓで1面とすると7,500円で1面分のラインが引けます。またルイ高のラインカー『GM10』は環境先進国スウェーデン製。車軸の回転で圧力を蓄積し燃料や電力を使わずにラインが引けます。ユーロラインとエコロジーラインカーでランニングコスト大幅改善が実現できます。この機会にお試しください。

    詳しい製品情報、Jリーグスタジアム等への納入実績は添付データに掲載しておりますので、合わせてチェックしてくださいね!

    製品情報はこちら(PDFファイル)
  • ユーロライン

また製品の詳細情報やご不明点等ございましたら、お気軽に各支店までお問合せください。
製品づくりにこだわったルイ高サッカーアイテムを施設にあわせてご提案いたします。

一覧表示に戻る