2018-07-27

記録的な猛暑への対策!
スポーツ施設にもテントシェルターで日陰の設置を!

河川敷サッカー場

今年の夏は、もはや災害レベルと言われるほど、記録的な猛暑となっています。こう暑い日が続きますと、スポーツをする環境も相当厳しいものになっています。

夏の甲子園でも、京都大会の予選がナイター開催となったり、本大会でも式典や試合の間に「給水タイム」を設けることが発表されたりしています。

日本サッカー協会の
『熱中症対策ガイドライン』

公益財団法人日本サッカー協会の『熱中症対策ガイドライン』には、熱中症対策として以下の記述があります。

「ベンチを含む十分なスペースにテントを設置し、日射を遮る。」


特に小中学校の試合において条件によっては、試合中に『飲水タイム』を設けるだけでなく、日陰に入って休む『Cooling Break」』を設けることが推奨されています。
WBGT計を用いた運用管理と、こまめな給水だけではなく、日陰で休むことが必要とされているわけです。

公益財団法人日本サッカー協会『熱中症対策ガイドライン』はこちらから


https://www.jfa.jp/documents/pdf/other/heatstroke_guideline.pdf


場所を問わずに移動式できるシェルターがオススメ!

正直、グラウンドに日陰がないのは、厳しい・・・
そこで暑さ対策以外に、雨風もしのぐことができるシェルター2種をご紹介します。

【1】 場所を問わずにキャスターで移動できる、
『シェルター移動式(RT-R140099)』がオススメです。

移動式シェルター
『シェルター移動式(RT-R140099)』の製品ページはこちらから↑
http://www.rui-taka.co.jp/product/rt-r140099/


  • 大分トリニータ練習グランド
    大分トリニータ練習グランド
  • ジェフユナイテッド千葉・市原練習グラウンド
    ジェフユナイテッド千葉・市原練習グラウンド

↑シート、フレームの色を変更することもできますので、お問い合わせください。


  • 移動式シェルター
  • 移動式シェルター

↑学校や野球場でも便利にお使いいただいています。後部垂れ幕付きは別注タイプ。

【2】 基礎コンクリートで固定するタイプのシェルターです。

テントシェルター
『テントシェルター(RT-R140090)』の製品ページはこちらから↑
http://www.rui-taka.co.jp/product/rt-r141090/


是非、ご検討ください。宜しくお願いします。

一覧表示に戻る